風俗で死闘を繰り広げた

やはり風俗は魅力十分

半年ほど風俗とはご無沙汰状態になってしまっていたんです。仕事が自分のキャパシティを超えていたので、風俗はおろかプライベートさえ無いような状況になってしまっていたんですよ。その苦労もようやく一段落したので、これで風俗を楽しめるなと。そして久しぶりに女の子との時間を楽しんできたんですけど、自分でも何も言うことがないくらい、本当に楽しい時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって思いましたね。あれだけの時間を満喫出来たということに、自分自身で納得していますし、単純に楽しい時間になったなって気持ちでいっぱいですよね。自分自身、かなり飢えていたのもあるんです。風俗はおろか、オナニーさえろくに出来ないような半年だったのでかなり溜まっていたし、それに敏感になっていたんでしょうね。相手から何をされても腰が砕けてしまうかのような快感に襲われたんです。あれだけの快感を楽しめただけでも彼女を指名した甲斐があったんじゃないかなって思いますし。

連戦も悪くないかも

この前の風俗で初めて連戦を楽しみました。連戦って自分の体力では難しいかなって思っていたんですよ。オナニーでさえそれなりに体力が求められるじゃないですか。だから風俗でも女の子の力だけじゃなく、やっぱりある程度は自分の体力も求められるだろうなって思っていたんです。でも、実際にはそうでもないというか、女の子のテクニック次第ではそんなに体力が求められるものではないんだなってことにも気付かされました。その証拠に、この前の風俗では驚きの三連発。二連発でさえほとんど記憶にないない自分がまさかの三連発ですけど、オナニーより全然体力を使いませんでしたね。女の子がしっかりと導いてくれたので、それだけで勝手に発射してこちらは大満足です。むしろ思ったんです。何発も出した方が、一発当たりのコストパフォーマンスは高まるので、これからは上手な子を指名して、毎回二回戦くらいは楽しんだ方が割りが良いんじゃないかなって(笑)