風俗で死闘を繰り広げた

サービス業だからこそ分かる

自分もサービス業というか、マッサージ師として働いているので、風俗嬢の気持ちは分かる部分もあるんですよね。形は違えど、お客を満足させるという点では同じです。しかも一対一ですしね。だからこそ思うのは、あれこれ強く言うのはかえって逆効果という点ですね。特に体の問題は相性の問題もあると思うんです。また、慣れの問題もあると思うんです。だから初対面でいきなり理想通りのプレイが出来る人の方が珍しいくらいだと思うんですけど、少し自分が想定していないことが起きて「そうじゃない!」とか頭ごなしに怒るのは、これはもう絶対にしてはならない部分だなって思うんですよ。はっきり言って、高圧的にあれこれ言われて「もっと頑張ろう」と思う方が稀なんじゃないかなって思うんですよね。むしろ「何このお客」って気持ちになってしまうと思うんですよね。風俗でも基本的には同じだと思うので、女の子相手には丁寧に接するように気を付けているんですよね。

風俗に頼るのも悪くはない

男である以上、性欲の問題とはしっかりと向き合わなければなって思っています。だからこそ、どうすべきなのかという問題は自分の中でも真剣に考えるようにとは思いつつ、風俗ってそんなに真剣に考えなければならないようなことでもないよなっていう気持ちもあるんですよね。例えばですけど、風俗って実際の所、気分で楽しめちゃうじゃないですか。予め計画を立てて、どうすべきなのかを真剣に吟味するようなものじゃなくて、それこそその場のノリで利用する分にも全然申し分ないものだなって思うんですよね。だからあまり気にしないようにしているんです。むしろ自分が風俗の力を借りて性欲を発揮したいなって時にこそ利用しているので、それで十分なんじゃないかなって。むしろそれが自分にとっては風俗を楽しむための理由になるんじゃないかなって思っているので、風俗には頼りつつも、適当にお世話になるくらいで丁度良いんじゃないのかなって思っていつも楽しんでいます。