風俗で死闘を繰り広げた

美学はありますよ

風俗での美学…と言うと大げさですけど、一応自分の中で思っているのは、女の子に対してお客として向き合うのではなくて、男として向き合うべきものだって思っています。風俗嬢とお客という大前提はありますけど、その空間は二人きりなんです。「こっちは客なんだぞ」という態度だけは取らないようにしようって思っているんですよ。そんな態度を取られたら女の子だってあまり良い気にはならないでしょうし、それに自分も何となく情けなく思っちゃうじゃないですか。それよりも、女の子と「風俗嬢とお客」という関係をあまり意識せず、まるで仲の良い恋人同士のような時間を過ごせる方が良いと思うんですよね。だから風俗ではその点だけは意識するようにしているんです。偉そうにして女の子が不機嫌になったり嫌な気持ちになってモチベーションが下がったら、結局こっちの満足度だって低くなっちゃうんじゃないっかなって。そこはもうお客としてではなく、人としての部分ですよね。

どうしても試してみたかった

どうしても試してみたいプレイがあったんですけど、それは自力では無理だったんです。だから風俗で試してきたんですけど、これが本当に良かったです。そのプレイのためだけに風俗の御世話になったんですけど、試してよかったなって思えるくらい良かったです。それは男の潮吹きというものです。AVを見た時に衝撃を覚えたんです。その時にはAV流の演出かなって思ったんですけど、どうやらそうでもなさそうなんですよね。女の子がいろいろとレクチャーしていたんですけど、自分では無理だろうなと。自分ではどうしてもブレーキをかけてしまうと思うので、女の子に任せるしかないなと。それでホームページでいろいろと探してみたんですけど、割とあるんですよね(笑)自分が知らなかっただけで、意外とポピュラーなのかなって思いました(笑)実際に試してみて衝撃と言っても良いくらいの快感を得られたので、今後もちょくちょくお世話になろうかなって思っています。